【初心者でも使えるフレーズ】英語にも敬語ってあるの?3選!

握手

こんにちは!Takaです!

本日のトピックは、ビジネスには欠かせない敬語についてです!

そもそも英語に敬語なんてあるの?という声もあるでしょう。

たしかに、日本語のように難しい言い方が多くあるわけではありませんが

友人などに使うフランクな言葉と、目上の方に使う丁寧な言葉は

英語にもあります!その違いさえ知っておけば使い分けができることでしょう!

その中でも今回、挨拶というものをテーマに3つ選んでみました!

実際に挨拶のシーンを想像しながら、発音してみて下さい。

ネイティブキャンプTOPバナー

初めてお会いする方への挨拶

I am pleased to meet you. お会いできて嬉しく思います。

ポイントとしてI'mと省略せずにI amということで、より丁寧な表現になります。

カジュアルな場合だと、Nice to meet you.というのは馴染みがあると思いますが

上司や目上の方に使う場合は、I am pleased to meet you.を使いましょう。

久々に会った方への一言

I haven’t seen you for a long time. ご無沙汰しております。

Long time no see.も久しぶりという意味ですが、こちらは丁寧な表現ではないので

親しい人に対して使うほうがいいですね。

一緒に仕事をした時に、気持ちを伝える場合

It was a pleasure doing business with you. あなたと一緒にお仕事ができて光栄でした。

相手への好意とともに、一緒にお仕事をできた感謝を伝えることは大事ですよね。

Thank you.だけじゃなく、一言付け加えることで高評価間違いなしです!

これに加えて1つおまけで

I'm looking forward to meeting you again.  あなたにまた会うのを楽しみにしています。

こちらも別れの挨拶としてよく使う表現です。

ただし、この表現を使うときに1つ注意してほしいことがあります。

Looking forward to~   
toの後は動詞の原型じゃないのか!と疑問に思う方もいるでしょうが

間違えないように!!!!!

"I'm looking forward to meet you again."は間違いですからね!

「Looking forward to+名詞」 あるいは 「Looking forward to+動詞+ing」

このようになります。

また現在進行形ではなく、シンプルな現在形のI look forward to meeting you again.
こちらでも同じ意味になります。

いかがでしたか?

うわ!敬語を使わないと!というシチュエーションに遭遇した際に

1つでも使ってもらえたら嬉しいです♪

今年の私のブログは今日の記事が最後です!

来年からも、数多くの皆様に喜んでいただけるブログを投稿したいと思います!

では、またネイティブキャンプブログでお会いしましょう!

皆様良いお年をお迎えください!!

MAY THE COMING YEAR BE WONDERFUL FOR YOU.

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.