【風邪の症状を英語で】知っていれば、海外で風邪を引いても安心!?

男性が咳き込んでいる写真

こんにちは、Kenです。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
日本はすでにかなり寒いと聞いていますが、みなさま風邪をひいていませんか?

クリスマスや、お正月は長期休み等で普段に比べ、海外旅行をする機会が増えますよね。

海外は日本とは気候と温度が違い、油断をしていると体調をくずかもしれません。
そんな時、風邪の症状の伝え方を英語で覚えておくと役に立つかも♪

今回は風邪の症状を、診察時に英語で伝える表現を紹介したいと思います!

【病院の診察室にて】

例 受付:May I help you? What is the problem?
こんにちは、どうしましたか?)

自分:I’m not feeling good. I think I have a cold.
気分がよくありません。風邪だとおもいます。)

医師:What are the symptoms?
(どのような症状ですか?)

自分:I have a fever. And I can’t stop coughing.
熱があり、咳が止まりません。)

この I have a feverのfeverの部分を以下の単語に置き変えることで
様々な症状を表現できます。

・headache【頭痛】 ・runny noise【鼻水】 ・stomach【腹痛】

・sore throat 【喉の痛み】 ・sneeze【くしゃみ】 など….

基本的な症状に関する英単語を覚えておくと、いざという時に安心ですね♪

さらに上記のような、風邪を引いている人を見かけたときに役立つ
体調不良の友達に対して使うフレーズを以前ご紹介させていただいているので、
こちらも要チェックです!!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.