25歳から始める英語学習とその効果

脳は使えば使うほど情報を蓄えてくれます。脳細胞が、20歳をピークに年齢とともに減っていくのは事実です。

しかし、頭の回転のはやさ、記憶力に関しては、細胞と細胞をつなぐ「ネットワーク」の密で変わります。

つながりが強いほど頭の回転がよくなるため、年齢とともに細胞の数が減ったから記憶力が衰退したという説は成立しません。

年だから忘れるというのは大人の先入観。年齢を重ねても記憶力が低下することはありません。つまり、年をとっているからといって、何事も諦めてはいけません。脳と年齢は無関係です。

そのため、勉強は何歳からでも始められます。

記憶力については、自分の興味と努力次第です。やはり自分の全く興味のない分野に関しては、年齢が若くても、頭に入ってこないですよね!

また頻繁に使う機会があれば、脳細胞のネットワークはどんどん密になっていきます。

インプットももちろん大切ですが、アウトプットを多く取り入れることにより、さらに長期的情報の記憶に繋げることができます。インプットとアウトプットを両立することで学習効果は大幅にアップします。

英語学習に年齢は関係ない

実際、私は大学卒業後、英語と全くかかわりのない仕事をしてきました。その間、英語に触れる機会は、ほとんどなかったです。英語学習に割ける時間がないと言い訳でしたね。

普段、洋画や洋楽を好んで聞いているほど、海外にあこがれていたので、いつか英語を話せるようになりたい、留学に行きたいとはずっと考えていました。

たまたま、格安でオンライン英会話が受け放題のネイティブキャンプのサイトを見つけ、気付いた頃には、登録していました。英語学習をするには今しかないと思ったからです。

大学卒業後、英語学習を再開したのは、25歳のときです。

もともと飽き性なので、続ける自信はなかったのですが、無理をしないスケジュールで1日に1レッスン受講してみることにしてみました。

英語学習に年齢は関係ありません!むしろ遅れてはじめた方にも好都合なことがたくさんあります!

1. 英会話学習を始めるにあたっての動機

英語学習の目的がはっきりしているため、その目標に向かって着実に英語学習を進めることができます。

TOEIC○○点取得・英検取得等、明確な目標を持つことは大切ですね。

2. 若い頃より、いろんな経験をしているため、英語で話すネタが多い

日常英会話を習得するにあたり、誰もが踏む過程として、対面での会話練習があると思います。その際に、話題が豊富であればあるほど、コミュニケーションの幅が広がります。

ネイティブと話す機会がある場合は、話すネタをたくさん用意して、ぶつかりましょう。

3. 時間に制限があるため、時間を有効活用して学習できる

毎日○○分という限られた時間内に、多くの情報を吸収しアウトプットすることで、大幅に学習時間の短縮を行えます。

もちろん英語学習の時間が長ければ長いほど良いですが、決まった時間内に英語力を伸ばしたいという目標を持つことで、目標達成度を上げることができるはずです。

勉強した結果!

勉強を始める前に、まず現在のレベルを知りたかったため、なんの対策もなく初のTOEICを受験してみました。案の定、300点台で、勉強を全くしてこなかった自分にしては予想以上の点数でした。そこで、オンライン英会話のコースに沿って、入門、初級、中級...を勉強していました。何年間のブランクがあったため、英語は本当に中1レベルからスタートしました。

レッスンは、一日一回ですが、毎日受講するようにしています。

英会話をはじめてすぐは、講師が言っていることが全然理解できなくて、挫折しそうになりました。次の日レッスンを受けても、前日学習したことをすっかり忘れています。

ただ、同じように毎日レッスンを25分間、1日も欠かさずに受講しているうちに、1週間で効果を実感できました。前の週に学習したことを半分以上は覚えていました。

後に考えてみると、1人での学習(自習)ではなく、オンライン英会話という相手がいる学習方法を使用したのが良かったかなと思います。

自習ではインプットはできますが、アウトプットがなかなかできません。

オンライン英会話のレッスンでは、25分の短い時間の中で、インプットとアウトプットを同時に実行することができます。

オンライン英会話のレッスンで講師が、英語学習には映画を観ることがいいと勧めてくれたので、毎日オンライン英会話25分のレッスン+洋画を1本観るようにしてみました。

もともと洋画を観ることが好きだったので、好きなことは年齢に関係なく覚えますね。どんどん脳に英語表現や単語を蓄積してくれます。

洋画を観るときは、2回繰り返して観るようにしていました。1回目は、英語字幕あり、2回目は字幕なし。2回目観るときは、内容を把握しているので、完全に聞き取れていなくても、どのような英文で話されているか、ある程度予想しながら鑑賞することができます。

その結果、1年後TOEIC800点、一人で海外旅行ができるようになりました。アメリカのドラマや映画も字幕なしで内容を理解できるようになりました。

飽き性な私がどうして、英会話学習を続けることができたのでしょうか。答えはおそらく、二つあります。

無理のないスケジュール

無理のないスケジュールで、学習を続けることは大切です。詰め込みすぎるとストレスがたまるため、途中で挫折してしまうリスクが高くなります。

毎日〇〇分と時間を決めて取り組みましょう。

好きなことをしながら英語学習を継続して行っていた

好きなこと、例えば映画鑑賞、洋楽を聴く、ニュースを観る、本を読む、自分の趣味に少しでも当てはまるものを英語学習に取り入れてみてください。

好きなものは、頭の中に自然に入ってきます。

どのくらい、どのような勉強をしたのか

勉強期間は一年間で、平日は毎日25分間、土日は3~4時間です。

勉強の順番としては、文法→発音→スピーキング→ディスカッション→TOEICテキストです。

毎日25分間は少ないようですが、勉強した内容を完全に消化するため、そして、心理的負担なく続けるためには、これはベストだと判断しました。

映画鑑賞を途中から行いましたが、自分の好きなことなので、楽しんで英語学習をすることができました。

最後に

いかがでしょうか。

英語の勉強を続けるために、無理をせず自分の好きなことを取り入れながら学習することが大切です。興味のないことは、無理をしないと覚えられません。

英会話習得に、気合も根性も関係ありません。コツコツ続けようとする努力は必要かもしれません。

もちろん頭の良し悪しも関係ありません。年齢は全く関係ありません。

もし自分の年齢で英会話学習を躊躇っている方がいらしたら、是非今からでも遅くないので、スタートしてみてください。

スタートする際には、是非オンライン英会話を活用してみてください。一人で学習を続けていると、本当にこれでいいのかと英会話学習に悩んでしまいがちですが、オンライン英会話であれば、講師が励ましながらレッスンを進めてくれるので、きっと続けられるはずです!

時間管理をしながら毎日コツコツ継続して行ってみてください。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.