• 18/03/04 (日) 08:29

  • Yu***

今までレッスンを受けていたフィリピン人のお気に入りの先生たちがいなくなってしまって、モチベーションを最近うまく保つことができません。
NC歴が長く、こういった経験がある方に何かアドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いします。

コメント:10

並び替え
  • 18/05/20 (日) 01:34

  • Se***

一ヶ月前に下のコメントした者です。
まだその講師ロスに苦しんでいます。あほですよね。
英語の学習の目的は他にあるのに、
講師と楽しく話した日々がなつかしく、もうもどらないと思うと重苦しい気分になります。
どうしてここまで依存してしまったのか自分でも不思議です。こんなに長い間くよくよした事はありません。

 カラン以外のレッスンはとっておらず、カランもフルステージレビジョンでは、以前その講師に習った内容が含まれ、さみしさ倍増。ですがなんとか泣かずに他の講師から教わっています。(カラン中に泣かれたら講師もたまりませんよね)
 自分でもいやになっています。ディスライク押してくださってかまいません。
これからは、依存型学習にならないようにがんばります。
 今はリーディングや単語などカラン以外は一人で学習しています。それはそれでよいのかもしれません。
 この投稿は愚痴というか悩みというかこれからがんばりたいという独り言というか。。。
  • 18/04/19 (木) 00:26

  • Se***

もうすぐお気に入りの先生がおやめになります。1年半、親子3人分を合計すると500回以上もレッスンを受けました。そこまでくると親戚というか家族のような存在に思え、お別れを考えると胸が押しつぶされそうです。
 お別れのあとももちろん英語は続けますが、これからはあまり一人の先生にべったりにならないように気をつけたいと思います。
 こどもは、さみしいとは思ってもくよくよ引きずることはなさそうですが、親の私のダメージは相当なものです。
 一週間くらいはNCから遠ざかり、単語や文法の自習をしようかとも思っています。やっぱり困ったときのカラン?何も考えずできそうでいいですよね。
  • 18/03/06 (火) 11:57

  • No************

この問題があるため、基本同じ講師べったりで講師の進め方に依存せず、どちらかと言えばテキストに依存する形で進めることを意識しています。

復習しにくい都合もあるんでフリーカンバセーションだけにはしないですね。テキストの前後で多少アドリブの会話を挟む程度で私には十分です。
  • 18/03/06 (火) 07:38

  • Mi**

お気持ちわかります。

私もお気に入りマークしていた先生にそのようなことがあり、しょんぼりしていたら、半年後に復帰された方が4名ほどいらっしゃいました。出入りが多いのでそんなこともあるんですね。

同じ職場で継続するのはフィリピン人の性に合わないといろんな先生がおっしゃいますしね。

その時は以前より多少ましになった英語で挨拶でき、離れていた時の理由(旅行などの話)を聞けて続けてて良かったなと思いました。

今は先生がおやめになると、戻ってくるといいな~と淡い期待をしています。

(トピ主さんのお気に入りがたまたまフィリピン人講師さんだっただけで、国籍の話をしているとは元の文章から全然思えないのですが。逆にホームベースの先生の方が授業数が少なくどんどん入れ替わるので相当お気に入りが消失していきました)
  • 18/03/05 (月) 22:59

  • RO**

レギュラー講師とレッスンを多く取るのもよし、いろんな講師から国によって発音とか言い回しが様々だと気付くのもいいかもしれません。
最近は、フィリピン講師と他の国の講師のレッスンを同じようにとっています。
  • 18/03/05 (月) 20:24

  • Mi**

ここでの仕事を長く続けて辞めるのであれば人生が良い方向へ向かっていると信じています。
若い人であれば良い条件の仕事がフルタイムで見つかったのかもしれないし、
ある程度の年齢であればリタイア後の生活の見通しが付いたのかもしれません。

フィリピン人講師以外が増えることに抵抗が有る人も居るような気がします。
けれども、講師が多国籍化した方がオンラインスクールとしての付加価値が高いです。
継続する人、新規に入会する人が増える方が会社経営が安定します。
多国籍化=フィリピン人講師冷遇とは思えません。

海外旅行に行く余裕が無いけれども、外国の文化に興味がある人は多いです。
私は意識して色々な国の講師のレッスンを取っています。

フィリピン人講師も他国の講師も一生懸命にレッスンしてくれています。
今まで受けたレッスンを無駄にしない為にも勉強を継続したいです。
  • 18/03/04 (日) 21:46

  • Sa*****

お気持ちよくわかります。私もかなりお気に入りの先生との別れを数回体験しました。大好きな先生は、先生であり友だちであり、時には大切な娘のようでもあり、お別れは受け入れがたいものがあります。さみしいですが、英語の学習が、こんなにすばらしい人とのつながりを(こんな歳で)感じさせてくれたことが貴重に思えてなりません。まさに出会いに感謝。英語に感謝です。

 別れのあとの無気力期間。出会いをつくってくれた英語学習を投げ出すわけにはいかないと思って、がんばりました。フリートークやスピーキングなどは、お別れした先生の良さを思い出してしまうので、グラマーやカラン、当時やっていたサイドバイサイドなどの学習のみにしていました。そうしてレッスンをとっていると、そのお別れした先生ほど気が合うというわけではなくても、とても性格がよく、教え方のうまい先生とたくさん出会え、英語学習も輝きが戻ってきた感じがしました。
 地道にレッスンを受けることが一番の癒やしになると思います。他の先生方の明るさ、誠意が私を立ち直らせてくれるきがしました。 私たちも先生方を見習って、前向きに進んでいきましょう(と、自分に言い聞かせている・・・)
  • 18/03/04 (日) 12:42

  • ta**

トピ主さま
つい先日も100回以上お話してきた先生との別れがありました。人生のこと、家族のこと、将来のことなど、25分間がまるで1~2分に思えるような素敵な時間を過ごしていました。最後のレッスンでは涙ながらに歌を歌ってくれ、私もむせび泣きました。その時のことを思い出す度、今もそうですが、泣けてきます。フィリピンの方は純粋で家族思いで、努力家が多いです。年齢の割りはとても自立されていて、人への配慮もでき、英語以外にもいろいろ教えられた気がします。お別れするのがここまで寂しくなる人たちと出会えたことは幸せだったと思います。決して楽ではない境遇の中でもポジティブに生きていく先生方の姿に勇気をもらいました。

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。