【英語フレーズ5選】1度知ったらどうしても使いたくなる?!

生徒と講師

初めまして!
本日からネイティブキャンプ・ブログを書かせていただきますTakaです!!

少しだけ自己紹介をさせて頂きます。

私は今年の8月から4ヶ月間セブ島留学をしていました!
英語初心者の私にとって毎日がサバイバルイングリッシュの生活。。。

doとdoesっていつ使うの?三人称単数の”S”って何?
本当にそのレベルでした!!!
今ではこんな私でも完璧にとは言えませんがコミュニケーションを取れるようにまで成長しました!

そこでもっと英語を勉強したいと思いビジネス英語も学べる
海外インターンシップを経験しようと決心しました!

そんな英語超初心者から始まった私なので
これから英語勉強しようかな!など思ってる方に興味を持って頂けるように
英語初心者目線で英語学習方法を提供していきたいと思います!

早速今日は私が選んだ英語表現5選を紹介します!
今回はネイティブキャンプ講師ランキングNo.1 Ariana(アリアナ)講師に
協力してもらいました!!!!

ネイティブキャンプTOPバナー

Cats and dogs

It's raining cats and dogs!  (土砂降りだよ!)

この文はこのまま丸暗記しましょう!!

ものすごい雨が降っているときに使ってください!

なぜcats and dogsなのか詳しい語源はわかっていないみたいです。

Couch potato

He is a couch potato. (彼は怠け者です。)

1度は聞いたことがあるかもしれませんが私がまさに怠け者なので紹介しました(笑)

由来としてはcouch=ソファ、potato=ジャガイモ。

「ソファの上でポテトチップスを食べている人」と想像していただけると

ゴロゴロしている怠け者という意味がお分かりになるでしょう!

Be sick and tired of

I'm sick and tired of his joke. (もう彼の冗談にはうんざりだ。)

“be tired of”“be sick of”こちらの2つに共通して言えるのが

飽き飽きしている、嫌気がさしているという意味です。

この意味を強調したいときに2つを合体させて使いましょう!

Once in a blue moon

I attend your class once in a blue moon.
(あなたの授業に出席するのはごくまれだ。)

”ごくまれである””めったに~ない”という意味である。

この表現の由来は1月に2回満月が見られることをblue moonという

ところから来ているそうです。

本当に珍しいことが起きた時などに使うといいですね!

It is what it is

It is what it is.(それが現実さ)

それが現実さ・そういうことさ、という何か物事が起こって

もうその現実を変えることができない場合などに使います。

このフレーズは少しきつく感じられることがありますので

使うときは気を付けましょう!

A: I have to do a lot of homework until today.

B: It is what it is.

A: 今日までにたくさんの宿題をしなければならない

B: それが現実さ

どうでしたか?私の選んだ表現5選!
使おうと思ってもらえるものが1つでもあると嬉しいです。

私自身、留学していた学校の先生によく使っていました!
このような表現を1つでも言えたらカッコいいですよね♪

表現を覚える前に文法やボキャブラリーが大事だ!

という意見もあるかとは思います。
確かにそれも大事ですが私は勉強の息抜きのような感じで
寝る前など勉強に集中できないときに好きな表現を探したりしていました。

毎日文法や単語だったら嫌になりますよね。。。
自分の気に入ったものだけ覚えて先生にカッコつけて言ってみたりして
それで少し会話が弾んだりしました!【経験済み(笑)】

まずはたくさん覚えずに少しずつ覚えていってみてはどうですか?
それを覚えるのに長時間費やすこともないでしょう!
これ以外にもまだまだたくさんの表現があるので
また紹介したいと思います^^
ではこれからもよろしくお願いします。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.