【省エネ発音?フラッピング!】アナ雪の"れりごー"はこれ!

0603blog

こんにちはmikaです!発音は重要シリーズ第4弾!
お待たせしました。いよいよ今回は
Flapping、Flapped T【フラップ T】について書いていきたいと思います。

Flapping(フラッピング)=弾音化とも言われ、
発音すべき音自体が別のものに変わる現象でアメリカ英語の “ t ” の発音で起こります。

舌を上あごにパタパタと叩き付けてflapすることからその呼び名が来ています。
発音するときには “ L ” の音を出すように意識して舌を上あごに叩き付ける様にして発音します。
実際の音は“ l ”と“ d ”の中間のような音となります。
※今回はアルファベット読みの表記を“ d ”としました。カタカナ読みはイメージとしてご参照ください。

ちなみにイギリス英語の場合 “ t ” はきちんと発音しますのでお気をつけください。
発音をマスターすれば、かなりネイティブっぽさを出せる音のひとつです。

このFlapped Tが起こるのにもやはり幾つかのルールがありますのでご紹介します!

母音に挟まれたT【母音+ “ t ” +母音】

Flappingがよく使われる代表的な単語としては次のようなものがあります

matter    →    mader(マー)

water        → waader(ワーー)

letter    → leder(レー)

better        → beder(ベー)

Ex. It doesn’t matter.

【母音+ “ t ” + “ l ” 】 

little           →  lidl(リゥル)

battle         →  badel(バル) 

settle          →  sedl(セゥル)

hospital      →     haspidl(ホスピゥル)

 Ex. You should settle the battle.

【“ r ” + “ t ” + “ l ”】

turtle       →    terdl(ターゥル)

startle     →     stardl(スターゥル)

Ex. I startled when I saw the turtle.

Linkingで起こるFlapping【子音 “ t ” +母音】

前々回、Linkingをご紹介しましたが、文中の単語の並びで同じ条件が揃うと、LinkingとFlapped t が同時に起こります!

あの有名なアナ雪の「Let it go」もこちらの法則で「れりごー」と聞こえるのです!

let⌒it go → ledigoィゴー

このように読みます。「れりごー」と聞こえるように、“ l ”の発音に近いのですが厳密に発音すると “ d ” の音が入っているんですよ!

What⌒is it?       →   Wha-di-si-t?

wait⌒a minute   →  waida-minute

check⌒it⌒out      → chec-ki-dawt

not⌒at⌒all         → nod-a-dah 

Ex. Let it go just for a while.

しくみを知れば、リスニングの際に何回聞いても聞き取れない単語やフレーズを聞き取るのにとっても役立ちます!
そして発音もネイティブにどんどん近づいてきます!

まだまだ発音ブログは続きます。。。

それではまた!

その他の発音シリーズもチェックしてね!

【Phonicsって何者??】発音学習はメリット満載!
【発音学習LINKING編!!】音で学ぶことの重要性第2弾!
【消える音!Reduction編!!】音で学ぶことの重要性第3弾!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.