プロフィール

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 267

You have a good taste in clothes. あなたは服のセンスがいい。 His jokes are awful. He really has a bad taste in humor. 彼のジョークはひどい。彼は本当にユーモアのセンスが悪い。 「Have a good taste」は、物事の選択や判断に優れたセンスや品味を持っていることを表します。例えば、音楽やファッション、美術など、特定の分野における高品質なものや洗練されたものを選ぶ能力を指します。一方、「Have a bad taste」は逆に品質が低い、または一般的に魅力的でないと考えられるものを選ぶ傾向を表します。 My friend has an excellent sense of style, her outfits are always on point. 「私の友人はセンスが抜群で、彼女の服装はいつも完璧です。」 His jokes are so lame, he has a bad sense of humor. 「彼の冗談は本当につまらない、ユーモアのセンスがない。」 She has an eye for detail when it comes to fashion. 「彼女はファッションに関しては細部にまで目が行き届くセンスがある。」 He completely lacks an eye for detail in his humor. 「彼のユーモアには全く細部に目が行き届いていない。センスがない」 「Have a good/bad sense of style」は、個人のファッション感覚、装飾、デザイン、美しさなどの理解や尊重を評価する際に使われます。有力な意見として「She has a good sense of style, her outfits are always so chic」があります。 それに対して、「Have an eye for detail/lack an eye for detail」は、特定の事物の細部に注意を向ける能力、またはその欠如を評価する際に使われます。例えば、「He has an eye for detail, he noticed the mistake in the report immediately」、「John lacks an eye for detail, he always overlooks small mistakes」のように使われます。このフレーズは主に仕事や一般的なタスクで使われます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 635

She's beautiful, but she's out of my league. 彼女は美しいけど、自分では手が届かない、高嶺の花だ。 「Out of my league」とは、自分よりも相手が明らかに優れている、または自分が相手に劣っていると感じる状況を指す英語のフレーズです。この表現は主に二つのシチュエーションで使用されます。一つ目は恋愛関係で、自分よりもはるかに魅力的、または社会的地位が高い人を指し、自分自身がその人と対等な関係を持てないと感じる時に使います。二つ目は一般的なコンテキストで、具体的なスキルや能力について自分が相手に及ばないと感じる場合に使用されます。 She's above my pay grade. 彼女は私の手の届かないところにいる、高嶺の花だ。 She's so beautiful, she's totally out of my league. 彼女はとても美しい、完全に自分の手の届かない相手だ。 Above my pay gradeと"Out of my league"は共に自分の能力や立場を超えたことに対して使われますが、それぞれ異なる状況で使われます。 "Above my pay grade"は仕事の状況で使われ、自分の職位や給与レベルを超えた決定やタスクについて言う時に使います。一方、"Out of my league"は主に非業務の状況、特に恋愛などで、自分が手に負えないと感じる相手や状況について使われます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 236

You shouldn't take the toy by force. 「おもちゃを力ずくで取っちゃだめだよ。」 「By force」は英語の表現で、「力ずくで」「強制的に」というニュアンスを持っています。物理的、または権限・法的な強制を含んでおり、ある行為が自発的でなく、外からの強制によって行われたことを示します。使えるシチュエーションは対人関係や対物の行為に多く、例えば「彼は剣を力ずくで奪われた(He had his sword taken by force)」のように使います。また、法律や規則の適用にも用いられます。 You shouldn't take the toy from each other by sheer force. 「力ずくでおもちゃを取り合ってはいけませんよ。」 You can't take it by brute force. 「力ずくで取ってはいけないよ。」 「By sheer force」と「By brute force」はどちらも物事を強制的に、強力な力を使って達成することを表す表現ですが、ニュアンスには微妙な違いがあります。 「By brute force」は主に物理的な力や暴力を指し、策略やテクニックなどを用いず、純粋な力だけで物事を達成することを強調します。一方、「By sheer force」は「brute force」よりも少し幅広く解釈でき、物理的な力だけでなく、意志の力や精神的な力も含めることができます。 したがって、「brute force」は力ずくでドアを開けるような状況に使い、「sheer force」は困難に立ち向かうための精神力や努力を強調する状況に使います。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 336

I plan to arrive at the airport at least two hours before boarding time. 搭乗時間の少なくとも2時間前には空港に着く予定です。 「Two hours before boarding time」とは「搭乗時間の2時間前」という意味です。一般的には飛行機や電車等の交通機関を利用する際の出発時間のことを指し、特に飛行機の場合は搭乗前にはセキュリティチェックや荷物の手続きなどが必要となるため、出発時刻の少なくとも2時間前には空港に到着しておくことが推奨されます。また、イベントやライブなどでも開始時間の2時間前に会場に到着しておくことを示すときにも使いたい場合があります。 I plan to arrive at the airport at least two hours prior to departure time. 少なくとも出発時間の2時間前には空港に着く予定です。 I plan to arrive at the airport at least two hours ahead of flight time. 少なくとも出発時間の2時間前には空港に到着する予定です。 "Two hours prior to departure time"と"Two hours ahead of flight time"は基本的に同じ意味ですが、ニュアンスと使い分けをいくつか提案します: 1) 予定された出発/飛行時間の2時間前に〜する、と具体的なアクションとともに使用する場合、たとえばチェックインやターミナルへの移動など。 2) 「departure time」は一般的に飛行機、バス、電車などあらゆる交通手段の出発時間に使われるのに対し、「flight time」は飛行機に特化した表現です。 3) "Two hours prior to departure time"は、フォーマルなコンテクストや書き言葉でよく使用されます。"Two hours ahead of flight time"は、カジュアルな口語でよく使われます。 両方とも、旅行に関連する個人的またはプロフェッショナルな文脈で頻繁に使用されます。

続きを読む

Ko-Hey

Ko-Heyさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 221

Could you help me come up with a 'straight man and funny man' routine, please? 「ストレートマンとコメディアンのルーチンを一緒に考えてくれませんか?」 ストレートマンとファニーマンのルーティンは、一般的にコメディやエンターテイメントの中で使われる表現方法です。ストレートマンは真面目で理性的なキャラクターで、対照的にファニーマンはユーモラスで奇抜なキャラクターです。二人組のパフォーマンスで、ファニーマンが笑いを取るためのおかしな行動や言葉を発し、ストレートマンがそれに対して常識的な反応をする、というパターンが繰り返されます。この組み合わせは、視聴者が各キャラクターの違いを理解しやすくするために用いられ、お互いの性格が引き立つよう工夫されています。 Could you come up with a comedic double act routine for our entertainment, please? 「余興に漫才をするための、ボケとツッコミを考えてくれませんか?」 Could you help me come up with a 'wise guy and stooge' routine for the party entertainment? 「パーティーの余興で『賢者とバカ』のルーチン(コミックなやりとり)を考えてくれませんか?」 Comedic double actは、一般的には2人組のコメディアンがお互いを補完しながらジョークを言うスタイルを指します。一方"wise guy and stooge routine"は、一人が賢いまたは能力が高いキャラクター(wise guy)で、もう一人が彼のバカな相手(stooge)を務める特定のコメディスタイルを指します。"Comedic double act"は広義の説明で、"wise guy and stooge routine"はその一つの具体的な例といえます。したがって、一般的なコメディデュオのパフォーマンスを指す時には"comedic double act"を、特定のダイナミック(賢者と道化師)を強調したい時には"wise guy and stooge routine"を使います。

続きを読む

質問ランキング