プロフィール

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 592

You should wear something formal for the appreciation party, understood? 謝恩会ではフォーマルな服装が良いですよね、わかりましたか? 「Understood」は英語で「理解した」や「了解した」といった意味を持つ単語です。命令や指示、説明等を受けた後に使う表現で、その内容をしっかりと理解し、受け入れたことを相手に伝えるために使います。また、軍事や緊急時の無線通信などでは「了解」の意味で広く使われています。直訳すると「理解された」となりますが、「I understood」よりも「Understood」の方が形式的で公式な印象を与えます。 Roger that. We should wear something formal for the appreciation party, right? 「了解。謝恩会ではきちんとした服装が良いよね?」 Copy that. We should dress up for the appreciation party, right? 「了解。謝恩会だから、きちんとした服装がいいよね?」 Roger thatと"Copy that"はどちらも相手の言葉を理解して同意したことを示しますが、微妙な違いがあります。"Roger that"は軍事や航空で使われるフレーズで、メッセージが受け取られたことを確認する際に使われます。一方、"Copy that"も同様の意味ですが、日常的な会話でより広く使われます。また、これは指示が正確に理解され実行されることを確認する場合にも使われます。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 464

My hands and feet have gone numb from the cold. 寒さのせいで私の手と足がかじかんで動かなくなった。 「To go numb from the cold」は「寒さで感覚がなくなる」という意味で、寒さのせいで体の一部が麻痺する、または感覚が完全に失われる状況を指す表現です。例えば、非常に寒い冬の日に手袋を忘れて外を歩いていたら、「My hand went numb from the cold(手が寒さで感覚が無くなった)」と言うことができます。 My hands and feet are freezing stiff because of the cold. 寒さで手足がかじかんで自由に動かなくなった。 I am so cold that I'm chilled to the bone; I cannot even move my hands and feet. 「かじかむ」ほど寒くて、手足が動かせず、まるで骨まで冷えているようだ。 「To freeze stiff」は文字通り凍りついて動けないほど極度に寒い状態を表し、または非常に驚いたり恐怖を感じて動けなくなるときにも使われます。「Chilled to the bone」は「骨の髄まで冷えている」の意で、非常に寒く感じることを表しますが、恐怖や不安を表す際にも用いられます。対象や状況により使い分けます。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 212

It's the dry and crispy season, my skin feels so parched. Anyone have any good body lotion recommendations? 「乾燥でパリパリの季節がきました、私の肌がとても乾燥している感じ。何か良いボディローションの推奨はありますか?」 「Dry and crispy」は直訳すると「乾燥していてパリッとした」という意味です。主に食べ物の説明に使用され、その食べ物が乾燥していて、口に入れたときにパリッとした食感があることを表します。例えば、ポテトチップスやクラッカー、揚げ物などがこれに該当します。サラダなどの野菜に対しても使うことがありますが、その場合は新鮮さやシャキシャキとした食感を表すことが多いです。 It's the dry season and my skin is so crunchy! Any good body lotion recommendations out there? 乾燥する季節になり、私の肌がカサカサです!オススメのボディローションあるかしら? It's dry season and my skin is rough and brittle. Any suggestions for a good body lotion? 「乾燥する季節になりました。 私の肌は荒れていて、脆くなっています。 良いボディローションの提案はありますか?」 Crunchyは通常、食べ物について使われ、噛むときに耳に響く音を出す質感を指します。たとえば、「サラダは新鮮でカリカリだ」や、「クッキーはカリカリだ」と言った場合です。一方で、"Rough and brittle"は物体が固く、砕けやすい状態を示す表現で、食べ物だけでなく、物体全般に対して使用できます。たとえば、「その古い木はざらついていて、もろい」や、「歳を取った人の骨はザラザラしていてもろい」と言った場合です。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 273

Let's play hide and seek, kids! みんな、かくれんぼしよう! 「ハイドアンドシーク」は、隠れて見つけるという遊びの名前で、子供たちがよく遊ぶ遊びの一つです。一人が「鬼」になり、他の人々が隠れます。その「鬼」がみんなを見つけ出すまでの時間を競います。「ハイドアンドシーク」はまた、比喩的に使われることもあり、何かを隠したり、見つけたりする状況や行動を表現するのに適しています。例えば、人の感情を隠す、真実を探すなど、文字通りの隠れる・探すとは異なる状況でも使えます。 Let's play Hide and Go Seek, kids! みんな、かくれんぼしよう! Let's play a game of sardines! 「かくれんぼをしようよ!」 Hide and Go Seekと"Sardines"はどちらも子供の遊びの名前です。"Hide and Go Seek"は一人が数を数え、他の人が隠れ、数を数えた人が他の人を見つけるゲームです。一方、"Sardines"は一人が隠れ、他の人がその人を見つけて隠れる場所に入り込むゲームです。つまり、「Hide and Go Seek」は「かくれんぼ」、「Sardines」は「逆かくれんぼ」のようなものです。日常的な使い分けはこれらの遊びを参照しているときのみです。

続きを読む

Yoshi_Taka

Yoshi_Takaさん

ネイティブキャンプ英会話講師

Japan日本

0 692

I'm looking for a primary care physician. Do you have any recommendations? 「かかりつけの医師を探しています。おすすめのドクターはいますか?」 プライマリケアフィジシャン(Primary care physician)は、日本でいうかかりつけの医師や家庭医のことを指します。一般診療を行い、予防医学、健康管理、初期診断、疾患のフォローアップなど幅広い役割を果たします。特定の専門分野ではなく、患者全体を診るため全人的な視点が求められます。特殊な治療が必要な場合や専門的な知識が必要と判断した場合は、適切な専門医へ紹介します。使えるシチュエーションは、日常的な健康相談や身体の異常を感じた時、定期的な健康チェックや予防接種などです。 I'm looking for a family doctor. Do you have any recommendations? かかりつけ医を探しています。何かおすすめのドクターはいますか? I'm looking for a personal doctor. Do you have any recommendations? 「かかりつけの医者を探しています。おすすめのドクターはいますか?」 Family doctorと"Personal doctor"は似ているが、微妙に違う意味があります。"Family doctor"は一般的にある家族全体の健康状態を管理するソフトウェアを指します。彼らは一人一人の健康状態を把握し、子供から大人までの幅広い年齢層の医療を提供します。一方、"Personal doctor"は特定の個人の主治医を指します。これは通常、特定の病気や状態の管理に関連しています。

続きを読む

質問ランキング