プロフィール

英語系資格

海外渡航歴

自己紹介

皆さん、こんにちは!私の名前はRyoです。現在、ノルウェーに住んでおり、ドイツでの留学経験があります。異文化環境での生活は、私の英語教育アプローチに広い視野と深い洞察をもたらしています。

ドイツでの留学は、非英語圏での英語学習の挑戦と楽しさを私に教え、私の教育スタイルに多様性をもたらしました。異文化間コミュニケーションの重要性を実感し、これが私の教育法に大きな影響を与えています。

英検では最高レベルの資格を取得しており、これは私の英語に対する広範な知識と適用能力を示しています。さらに、IELTSでスコア8.0を達成し、アカデミックおよび国際ビジネスコミュニケーションにおいて高い能力を持っていることを証明しています。

皆さんの英語学習において、私は文法、語彙、発音、そして実用的な会話スキルの向上に至るまで、幅広い支援を提供します。私の国際経験と専門知識を活かして、皆さんの英語学習の旅に貢献し、一緒に英語を探求しましょう!

Ryo

Ryoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 261

There was an earthquake in the Kanto region. 「関東地方に地震があった」 「カントー地方」は、人気のゲームシリーズ「ポケモン」に登場する架空の地方で、最初のポケモンゲームである「ポケットモンスター 赤・緑」の舞台となる地方です。東京都や関東地方がモデルとされています。使えるシチュエーションとしては、主にポケモンに関連する話題や、ゲームやアニメにおけるストーリーの舞台、キャラクターの出身地などを語る際に使います。また、ポケモンゲームのファンやポケモンに詳しい人との会話でもよく用いられます。 There was an earthquake in the Greater Tokyo Area. 「関東地方に地震がありました。」 There was an earthquake in the Kanto Plain. 「関東地方に地震があった。」 Greater Tokyo Areaは主に東京都とその周辺の都市圏(千葉、埼玉、神奈川など)を指すのに対して、Kanto Plainは地理的な特徴を指し、関東地方全体(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)の平野部を指します。ネイティブスピーカーは、都市や人口密度を指すときにはGreater Tokyo Areaを、地形や自然環境を指すときにはKanto Plainを使用します。

続きを読む

Ryo

Ryoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 202

Sure, if the company offered, I'd be happy to get transferred overseas. もちろん、会社からそう提案があれば、喜んで海外転勤になりますよ。 このフレーズは、主にビジネスや職場の状況で使われます。海外転勤や海外赴任の可能性について話されているとき、自分がそのチャンスに前向きであることを示すために使います。「I'd be happy to get transferred overseas.」は、「私は海外に転勤することを喜んで受け入れます。」という意味です。この表現を使うと、新たな経験を求める意欲や自身のキャリアに対する積極的な姿勢を示すことができます。 If the company is considering transfers, I'd be thrilled to be relocated abroad. もし会社が異動を考えているなら、私は海外転勤になることをとても嬉しく思います。 If there's a chance for relocation, I'd be delighted to have an overseas assignment. もし転勤の機会があるなら、海外への転勤なら喜んで引き受けます。 I'd be thrilled to be relocated abroadとI'd be delighted to have an overseas assignmentは似ていますが、微妙な違いがあります。前者は一般的に永続的な移住を意味します。つまり、会社があなたを他の国のオフィスに移動することを示唆しています。それに対して後者は一時的な派遣やプロジェクトを意味します。あなたは一時的に海外で働くが、その後は元の場所に戻ることが期待されます。したがって、どちらを使うかは具体的な状況や期待によります。

続きを読む

Ryo

Ryoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 149

When should we meet? 「何時に会いましょうか?」 When?は英語で「いつ?」を意味します。具体的な時間や日時、あるいはイベントのタイミングを問い合わせる時に使います。また、過去の出来事について問う場合や、未来の予定を尋ねる際にも用いられます。例えば、友人との約束時刻を確認する場合や、面接の日程を尋ねる場合、ある出来事がいつ起こったかを問う場合などに使えます。 At what time? 「何時に?」 What time is it scheduled for? 「何時に予定されていますか?」 At what time?は一般的な時間についての問いで、特定のイベントや活動の時間を尋ねていることが多いです。例えば、「映画は何時に始まるの?」など。一方、What time is it scheduled for?は特定の予定や計画について時間を尋ねる際に使います。例えば、「会議は何時に予定されているの?」など。この表現は公式な文脈やビジネスの状況でよく使われます。

続きを読む

Ryo

Ryoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 342

I had a strange impression when I met them because they were silent and expressionless. 彼らに会った時、無言で無表情だったので、奇妙な印象を持ちました。 「to have an impression」は「印象を持つ」という意味で、何かについて自分なりの評価や感じ方を表す際に使います。例えば、新しく出会った人について「彼は親切そうな印象を持った」や、映画や本について「その映画は面白いという印象を持った」など、主観的な意見を述べる際によく使われます。また、初めて経験した事柄や場所についての感想を話すときにも使用します。 When I met them, their silence and blank expressions made it hard for me to form an impression. 彼らに会った時、彼らの無言と無表情が私が印象を形成するのを難しくさせました。 When I met them, they were silent and expressionless, which gave me a strange impression. 彼らに会った時、彼らは無言で無表情だったので、私は奇妙な印象を持ちました。 To form an impressionは自分自身が何かについて感じる印象を形成するときに使います。例えば、初対面の人との会話を通じて印象を形成する場合などです。一方、To gain an impressionは外部から何かを受け取る、または学ぶときに使います。例えば、新しい場所に訪れてそこから何か印象を得る場合などです。

続きを読む

Ryo

Ryoさん

ネイティブキャンプ英会話講師

0 261

I'm sorry for piling more work on you. My bad. 「君に追加の仕事を頼んでしまって、悪かったね。」 「My bad」は、自分がミスをしたことを認め、軽い謝罪をする際に使う口語表現です。直訳すると「私の悪い」になります。例えば、誤って誰かを足で踏んだり、軽いミスを犯したときなどに使用します。形式的な状況や重大な過失に対しては不適切で、カジュアルな日常会話でよく使われます。 I'm sorry for piling on the extra work. 追加の仕事を頼んでしまって、悪かったね。 I messed up, didn't I? I shouldn't have asked you to take on additional work. 「私、失敗しちゃったよね?追加の仕事を頼むべきじゃなかったんだ。」 I'm sorryは一般的な謝罪で、自分が誤った行動をしたことを認め、相手に対して謝罪の意を示します。一方、I messed up, didn't I?は自分が間違いを犯したことを自覚しているが、その結果や影響を確認したいときに使います。謝罪の意味も含んでいますが、相手の反応や意見を求める意図もあります。

続きを読む