• 17/01/10 (火) 21:28

  • ta**

シーリングファンについて。
先ほどのレッスンですが、シーリングファンの風を講師のマイクが拾ってしまい、まるで強風の中を散歩する講師と英会話しているようになりました(これはこれで負荷のかかった良い練習になりました)。

ただ、扇風機の音が講師の評価を下げる事例を見たことがあります。
講師には「他ブースへ移動できず、風音を止められなくても、上司と次の受講生に事情を説明して理解してもらった方がいい。生徒からの評価が下がってしまうかもしれないから、誤解されないように説明が必要」と伝えました。

該当ブースは使用禁止にしていただくとよいと思います。
また、施設が講師個人の評価を下げなければいいなと思っています。
みなさんとシェアしたかったので、広場にて書かせていただきました。

コメント:3

並び替え
  • 17/01/11 (水) 18:15

  • ta**

ke**さん、
素晴らしいコメントをありがとうございます。

高品質なサービスとリーズナブルな料金で、英語を話す機会をたくさん提供してくれていることに満足すべきと思いました。快適な環境と書いたのは、大げさでしたので、訂正しました。
  • 17/01/11 (水) 09:15

  • Ma****

雑音を拾わないように至急改善をお願いしたいですね。
他講師の声がうるさくて聞き取りにくいことが多数あります。
安かろう悪かろうでは、ユーザーの定着は無理かと思います。
  • 17/01/11 (水) 09:04

  • Ke********

マイクの感度の調整で改善できる場合もあると思います。講師の声が聞きづらく周囲の笑い声や雑談が大きくて集中できなかったことがありましたが、その旨伝えて講師さんがマイクを調整したらぐっと改善したことがあります。そうした場合に対応するスタッフもいるようです。不具合をきちんと伝えるのは大事だと思います。
フィリピンの通信インフラや個々のオフィスの通信機器、空調などのオフィス環境はまだとても質が低いので皆さんそれで講師の低評価につなげないようにして欲しいものです。
他のスカイプを使う教室よりここは遥かにいいので少々のことは費用対効果を考えて我慢しています。

投稿が制限されています

申し訳ございませんが、
ネイティブキャンプ広場利用ルール 第2条の禁止事項に該当する
投稿が行われたため、当掲示板への投稿が制限されています。