Canの過去形はCouldじゃない?Couldの正しい使い方とは

Canの過去形はCouldだと誰もが思っているのではないでしょうか。文法的な意味では、それは間違いではありませんが、Couldを使う場面は、単純にCanの過去形とは言えない場面が多く、むしろ単純にCanの過去形として使うことの方が珍しいかもしれません。

では、Couldはどんな風に使うのが正しいのでしょうか。

「〇〇できた」という意味でCouldは使わない

Canの過去形がCouldだと思っている人にとっては、驚きの事実かもしれません。

実は、Canの単純な過去形としてCouldは使わないのです。

例えば、

I can get up early. (私は早起きができる)

という文章を、過去形に言い換えたい時、Couldの使い方がわかっていなければ、

I could get up early.

と言ってしまうでしょう。

この言い方は文法的には誤りではありませんが、「朝早く起きれた。」という意味とはニュアンスが異なります。

では、実際にはどういうのかというと、

I was able to get up early.

と言うのです。これで、「早起きができた。」という過去形の文章になります。

先ほどニュアンスが違うということで出てきた “I could get up early”についてですが、この文章は、「早起きしようと思えばできたけど、しなかった。」のようなニュアンスが含まれています。

例えば、このような感じに使います。

I could get up early but I didn’t. Because I had nothing to do this morning.

(早起きしようと思えばできたけど、しなかった。今朝は何もすることがなかったからね。)

つまり、Couldを使って過去にしたことを表したい場合は、その行動はしていない場合に使うことが多く、実際にした行動については、あまり使いません。

この時点では意味がわからないかもしれませんが、これからCouldをどう使うのかを知れば、このニュアンスが伝わると思います。

「〇〇できなかった」というときのCould

次に、Canの否定形である、Can not (Can’t)ならどうなるかを見ていきましょう。

I can’t get up early. (私は早起きができない)

この現在形の文章の過去形はCould not (Couldn’t)を使って表現することができます。

I couldn’t get up early. (私は早起きができなかった。)

通常の会話では、this morningやyesterdayというような、いつ早起きができなかったのかというところまで言うのが普通です。

肯定文だと、Canを使った文章の過去形としてCouldは使えないのに、否定文だとそのまま使ってしまって大丈夫なのです。この辺りも、Couldは、実際にはしていない行動について使うというところにつながります。

ちなみに、同じ意味でI wasn’t able to get up early.と言っても間違いではありませんが、Couldn’tの方が圧倒的に使われているので、Couldn’tを使うといいでしょう。

Couldで願望を表す方法

Couldがよく使われる場面というと、何らかの願望を表すようなときです。

「億万長者になれたらいいのに。」「もっと休暇がとれたらいいのに。」というような願望で、実際には億万長者にはなれないし、休暇を取ることもできないような表現をしたいときに、Couldを使います。

この場合のCouldはI wishと一緒に使われます。

I wish I could be a millionaire. (億万長者になれたらいいのに。)

I wish I could take more holidays. (もっと休暇がとれたらいいのに。)

というような感じです。

この文章は非常によく使われています。

Couldを使ってお願いをする

みなさんは、誰かになにかをお願いするときに、英語でなんとお願いしますか?

Can you open the window? (窓を開けてくれない?)

という言い方をしている人も多いでしょう。

これはもちろん間違いではありませんが、ここにCouldを持ってくると、さらに丁寧にお願いしている形になります。

Could you open the window, please? (窓を開けていただけませんか?)

とても丁寧だということで、語尾にPleaseをつけてしまいましょう。つけなくても、十分丁寧な表現です。

ちなみに、Canを使ってお願いするときも、語尾にPleaseをつけるともう少し丁寧になります。

特にイギリスでは、よく知った仲でもCouldを使ってお願いすることが多いでしょう。イギリス英語はちょっと慇懃無礼なところがあって、丁寧になりすぎる表現が好まれます。

何かをお願いしたいときは、CanよりもCouldを使った表現が口に癖づいているといいですね。

それ以上〇〇できないというときのCould

Couldを使った表現方法には、こんなものもあります。

How are you?と訊いた時に、”Couldn’t be better”という答えが返ってくるのを耳にしたことはないでしょうか。

否定形なので、悪い意味に捉えてしまったという間違いも起こるこの表現。直訳すると、

「これ以上良くはなれない」

という意味ですよね。

日本語にしてしまうと、あまりよい表現には思えませんが、これは一転して今の状況が最高だということを表しているのです。

「これ以上はないほど最高だ」という意味ですね。これ以上ベターになることができないので、”Couldn’t be better”というわけです。

これと同じように「これ以上〇〇できるはずない」というような文章で、そのあとに言っていることを強調するような表現するような場合に、Couldn’tが使えます。

I couldn’t agree more.

なんかは、「大賛成」という意味でよく使われます。

「そうかもね」と言いたいときのCould

何かについて、確かなことはわからないけどその可能性はあるね。というようなことを言いたいときにも、Couldを使います。

例えば、

It could be true. (それは本当かもね。)

She could be late. (彼女は遅刻かもね。)

It could take a long time. (それには時間がかかるかもね。)

といった感じです。

全て、そうかもしれないけど、自分は確信が持てないというような場合の表現として使えます。

時制を合わせるときにはCouldを使う

最後にご紹介するのは、時制に関わるCouldの使い方です。

ネイティブでもたまに間違えることですが、英語は基本的に1つの文章の時制を全て合わせる必要があります。

例えば、

I think I can do it. (私はそれができると思う。)

という文章はすべて現在形なので正しい英文です。

ですが、

I thought I can do it. (私はそれができると思っていた。)

という風に、thinkの部分だけ過去形にすることはできません。

こういった場合に、canの部分はそのままcouldにすることができます。

I thought I could do it. (私はそれができると思っていた。)

と言う感じです。

時制を合わせる場合は、CanはそのままCouldにしても大丈夫だという例外になります。

まとめ

Canの過去形だと思っていたら、意外と厄介なCouldですが、会話の中ではかなり頻繁に出てくる表現です。

ネイティブ同士が会話をしているテレビ番組や映画、リスニング教材などを聴いて、聞き慣れて、ガンガン使ってマスターしていきましょう。

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.