【Halloween】10月のビッグイベント!

 みなさん、こんにちは!Nikiです!

夏が終わって少しずつ秋に変わりつつありますが、来月10月のビッグイベントと言えば、やはりハロウィンですよね!

ハロウィン Halloween 魔女

まだまだ日本ではハロウィンが馴染んでいない地域もあるかと思いますが、楽しめる事があれば楽しんじゃいましょう!
ということで、本日はハロウィンについて色々とお話ししたいと思います。

【ハロウィンの起源】

ハロウィンの起源は、the ancient Celtic festival of Samhain(サーウィンという古代ケルト族のお祭り)にさかのぼります。
古代ケルト族は2000年前に、現在のアイルランド、イギリス、北フランスに住んでおり、新年を11月1日に祝っていたそうです。この日は、「夏の終わり・収穫・夜の始まり・冷たい冬・人の死に関わる時」と言われておりました。

またケルト族は、新年の前夜は生と死の世界の境界がぼやけると信じ、10月31日の夜に彼らはサーウィンを祝い、死者の霊が地球に帰ってくると信じておりました。
さらに別世界の魂によって、ドルイドというケルト族の祭司が未来を予想しやすくなると考えていたそうです。

世界の自然にほぼ完全に頼っている人々にとって、これらの予言は、自信の源と、長く暗い冬の道しるべとなる重要なものだったそうです。

ハロウィン halloween 飾り

【ハロウィンの祝い方!(今昔式)】

昔: ドルイドという祭司たちが神聖なかがり火を焚き、そこに人々が作物や動物をケルト族の神への生け贄として燃やしておりました。
祝いの間、彼らは動物の頭や皮の コスチュームを着て、お互いの幸運を祈り合います。
祝いが終わった時、冬の間彼らを守る為、神聖なかがり火をもらって家の床に焚いたそうです。

今: 皆さんもご存じの「トリック オア トリート "trick-or-treat"」は、イングランドのAll Souls’ Dayというパレードが起源だそうです。
そのお祭りの間、貧しい市民が食べ物を求め、家族たちが「ソウルケーキ "soul cakes"」と呼ばれるペストリーというお菓子を与え、お返しとして貧しい市民たちはその家族の亡くなった親戚の為に祈ることを約束しました。

ハロウィン Halloween パンプキン お菓子

そして、最終的にはその習慣を子どもたちが受け継ぎ、子どもたちが近所の家に訪れて、食べ物やお金を求めるようになった事だそうです。
また日本では、ハロウィンの前にお盆があるので、亡くなられた方の為に祈ったり近所に食べ物をもらいに行ったりするよりも、派手なコスチュームを着て、みんなで食べたり飲んだりのパーティーをするのが主流ですよね!

ところでwitchは「魔女」のことですが魔女に関わる表現を紹介したいと思います。

I got to home at the witching hour last night.
さあ、どういう意味でしょうか?

答えは
「私は昨晩、丑三つ時に家に着いた。」
丑三つ時(うしみつどき)とは真夜中を意味する言葉ですね。
日本語でも化け物や幽霊が出る時刻を指しますが"witching hour"はその感覚に近いものがあります。
midnightとも同義語です。

魔女がでてくる時間もそのくらいなのでしょうか??
魔女に襲われないようにも夜道は気を付けて帰りたいですね!(笑)

日本のテーマパークでも近年、9月中旬からハロウィンフェスティバルが行われているみたいですね!
昨年のUSJではなんと入場者の3割がコスプレをして楽しんだとか!!

また、夏休みなんかよりも、このハロウィンの時期が最も集客力があるらしいです!
テーマパークという異空間で、可愛らしいアニメのようなコスプレからゾンビのようなコスプレをした人がたくさん訪れると、それはそれは楽しいでしょうね!

ハロウィン halloween パーティー 仮装

ちなみに私は、昨年初めてハロウィンパーティーを経験しました(笑)
みなさんも、ハロウィンパーティーを楽しんでみてはいかがでしょうか!楽しかったですよ!(笑)

海外のハロウィンや英語でのフレーズはこちら

参考資料:
history-of-halloween

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.