【海外インターン】皆がやってるインターンって一体何のこと??これを読んで解決!

こんにちは。yuriです。

本日は私たち、インターン制度について詳しくご紹介したいと思います。

笑い合いながらミーティングをする人々

インターンとは?

インターンシップ(internship)の略称。

インターンシップとは学生が将来のキャリアや夢を実現するために、 就職・就業前の一定期間、実際の企業で働くこと。

日本でインターン

関心のある分野で働くことによって、その分野に対する関心をより強めたり、最初は関心がなくても、働いてみることによって関心を持つようになる場合が多くなります。

海外でインターン

外資系企業で働きたい、国際舞台で活躍したい、英語を使って仕事がしたい、就職活動に活かしたいという学生や、これまでのキャリアを海外で活かしたい、自分の活動の場を海外に広げたい、転職活動に活かしたいという社会人の間で、参加者が急増しています。

また、そういった学生や社会人の方々をインターン生として受け入れることに積極的な海外の日系企業、ローカル企業も増加傾向にあります。

海外インターンシップ先

経済大国でもあるアメリカとカナダの北米圏、そして多国籍企業の拠点として成長するシンガポールを中心に、まさに今、発展の途上にあるベトナム、タイ、カンボジアといったアジア諸国やオーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパなど、その活躍の場は世界中にあります。

海外インターンの参加に必要な条件

国と参加期間、企業の募集内容により、高い英語力と職務経歴が求められるインターンシップもあれば、英語力や職務経歴を問わずどなたでも参加することができるインターンシップまで様々です。

また期間も、最短3週間の短期海外インターンシップから18ヶ月の長期海外インターンシップまであります。

なぜインターン制度ができたのか

近年、3年以内に転職する新入社員が急増しており、就職前の企業に対するイメージと就職後の業務内容とのミスマッチが原因であるとして問題視されています。

そういったミスマッチを防ぐためにここ数年に導入され、活発になってきた制度です。

もともとはアメリカで取り入れられていました。

インターンの種類

ワンデーインターンシップ(期間:1日)ー大手企業

時間が長めの会社説明会。
殆どゼロから優しく業務を説明してくれることが多い傾向があります。
選考には全く関係がありません。

プロジェクト型インターンシップ(期間:1~5日)ー大手企業、ベンチャー企業

期間内にある課題を与えられ、就活生チームでその課題と格闘するインターンシップです。
ビジネスに関連のある、課題を与えられ、就活生がグループワークをしながら、アイデアを考え抜きます。
選考には基本的に関係ありません。
ただ、人事に顔を覚えてもらえること、一緒に課題にとりくんだ学生と友だちになれる、というメリットがあります。

選考直結型インターンシップ(期間:2週間~1ヶ月)ー外資系企業、ベンチャー企業

その名の通り、選考に直結するインターンシップです。
研修生として、現場の業務の一旦を手伝うパターンです。
期間内にとくべき課題が与えられ、それをチームで解きます。(プロジェクト型インターンシップの選考直結型)
外資系の企業の場合、採用人数のほとんどがインターンシップ経由の場合もあります。

長期実践型インターンシップ(期間:1~6ヶ月)ーベンチャー企業、中小企業

このインターンシップでは、研修生として企業に入り、実際の社員の方がやっている業務を手伝うことになります。
ただ、実際の仕事を経験することで、他の学生にはないレベルの『学生時代に力を入れた経験」を手に入れる学生もいます。
インターンシップ先の選び方が重要となります。

ネイティブキャンプでは

今現在、こちらネイティブキャンプでは、私を含め5人のインターン生(Rika,Kento,Taka,Yuri,Mika)が在籍しております。

時間もシフトも各々違っていて、それぞれ役割分担が決まっております。

次回からはNativeCamp.のインターン生の仕事内容について、紹介していきたいと思います!

セブでのインターン募集要項はこちら

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.