【海外インターン】セブ島でサメツアーをしてきて、めちゃくちゃ筋肉痛になった話【前編】

バイク

  こんにちは
くまちゃんです。くまちゃんブログ第4回目。

セブ島サメツアー

さっそくですが、私、今、筋肉痛です。

痛いです。
身体中が痛いです。なぜ、筋肉痛かと言いますと、

先週の週末に、サメを見てきたからです。

あれ?よく聞こえなかったですか?
もう一回言いますよ。

サメを見てきたからです。

で、このサメなのですが、

私が見てきたサメはジンベエザメという種類のものだそうで、

英語だとWhale Sharkでクジラザメ(ジンベエザメ)という意味だそうです。

もとダイバーのれいちゃん的にはかなりのこだわりらしく

サメではなくてジンベエザメですっ!!

と直されました。

私の大きな疑問は
きみはくじらなの?サメなの?

ジンベザメなの?

ジンベザメなの?

っていう疑問ですね。

まあ、結論サメなんですよね・・・?笑(雑←)

実は危なかった前回の観光

ところで、第2回目のブログを読んでくれた方はいらっしゃいますか?

フィリピンに着いて3日目に迎えた初週末に

ひとり観光をした模様をお伝えしたブログだったのですが、

ここではカルボンマーケットについての内容と、写真を載せたんですね。

そのことについて、たくさんのフィリピン人に伝えました。

カルボンマーケットおもしろかったよ!と。

多くの人の反応は、まず、笑われました。

笑われました。

 

いろんな人に話をしてやっとわかったのですが、

カルボンマーケットって、現地の人でもあんまり行かないところらしいです。

理由は危ないから。

 

私ひとりで行ったのですが、
現地の人でもまずひとりでは行かない場所らしく、観光客女の子ひとり徒歩でカルボンマーケットに行くってけっこう危ないみたいで、あまりおすすめされることではないそうです。。。

後からじわじわ

無事帰って来られてよかったなぁと思っています笑

サメツアーに行くことになったキッカケ

そして、サメの話に戻るのですが、そんな風に毎週末ひとりで危なく過ごす私を心配してくれた、ネイティブキャンプのリーンさんとサヤカさんが一緒にサメを見に行こうと誘ってくれました。

この2人の気遣い本当に感謝です。

今回は書きたいことがたくさんあるので、前編・後編に分けて書きたいと思います。

というのも、
今回のサメツアーは朝5時集合ということもありサヤカさんの家に前泊させてもらったのですが、そこまでの道のりも私にとっては未知との遭遇の連続。

大冒険でした。

前泊するまでの大冒険

仕事も終わって、私のホテルに3人で向かい、荷物をまとめて、乗ったのがこれ。

バイクです。

中はこんな感じ。
ジプニー

これ、私たちは3人で乗ったのですが、普段は山ほど人が乗る場合もあります。

これ、スピードがそんなに出ないので、そのために車がこれをいちいち抜かす必要がありずいぶん道の邪魔になっています。

フィリピンはとにかく渋滞が多いです。

その理由は道が狭かったり、ずっと工事をしていたり、また、雨が降るとすぐに車が通れなくなってしまうような大きな水溜りができてしまったり、つまりは、きちんと舗装されていないのが大きな原因なのです。

そして、このバイクもスムーズな流れを遮る大きな原因であると私は思います。

しかしながら、バスがないこの国には大切な交通網なのでしょう。

多くの人が朝から利用しています。

このバイクでショッピングモールへ向かい3人で晩御飯を食べました。

ここではフィリピン料理を食べたのですが、リーンさんが料理ブログをネイティブキャンプブログで書くんだ!

言っていたので料理紹介はリーンさんに任せます笑

で、このあとに乗ったのが、フィリピンを代表する乗り物

ジプニー!!!

私としたことが、写真を撮り忘れるという失態。

どうぞネットで検索してください。

ミニトラックを改造したような乗り物で、これも山ほど人が乗ります。

ジプニーからの外の景色です。
道

乗ったとき、床が凹んでいて、まじかよっ!とひとりで連呼。

夜でみんな疲れているのに
ひとり大興奮。

邪魔な観光客ですみません。(爆笑)
ジプニーは前の運転しているおじさんに、お金を直に渡すシステム。

だから運転中におじさんがお金数えます。

ハンドルから手をはなします。

ここでも、まじかよっ!と連呼、爆笑

つっこみどころはたくさん。

このあともう一回バイクに乗り換えて、
サヤカさんの家に着きました。

みなさんもセブに遊びに来た時は、ぜひぜひフィリピンでしか乗ることのできない乗り物にチャレンジしてみてください!

次回はサメツアー

 

(だめだ、そんなこというとれいちゃんに怒られてしまう!!笑)

ジンベザメの話をしたいと思います!

くまちゃん。

 

 

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.