Could haveの意味と使い方

could haveの意味と使い分け、文法学習イラスト、ネイティブキャンプ

“Could”というと”can”の過去形で、日常英会話でもよく使う助動詞の1つです。

そんな”could”に”have”と過去分詞がくっついた表現を見たことがあるでしょうか。

“could”に”have”と過去分詞がくっついた表現も、英語を勉強していれば、耳にしたり目にしたりすることが少なくないでしょう。

今回はそんな”could have + 過去分詞”の表現について、どんな意味になるのか、そしてどういう風に使えばいいのかを例文などを使ってご説明していきます。

“could have”は後悔を表す表現としても使えるのですが、そちらは”should have”とも似ているので、今回は推量と仮定法としての用法を中心に見ていきましょう。

CouldとCould haveを比べてみよう

まずは”have”がつくとどんな意味になるのか、”could”単体を使った文章と、”could have”を使った文章を用いて見比べてみましょう。

推量

I could be wrong.
(私は間違っているかもしれない。)

I could have been wrong.
(私は間違っていたかもしれない。)

仮定法

I could go to Japan if I had a holiday.
(休暇があれば日本に行けるのに。)
=実際には休暇がない

I could have gone to Japan if I had had a holiday.
(もし休暇があったなら、日本に行くことができたのに。)
=実際には休暇がなかった

“Could”の使い方がわかっていなければ、この違いを感じ取るのは難しいかもしれませんが、”could”にはさまざまな用法があります。

この”could”の推量や仮定法としての用法に、過去形のニュアンスを加えるのが、”could have + 過去分詞“なのです。

例えば推量の”I could be wrong.”というのは、文法として過去形ではあるものの、文章自体は現在のことについて話しています。
しかしそこに”have+過去分詞”をくっつけることで、「間違っていたかも」という過去についての話となるんです。

仮定法についても、同じ事で”I could go to..”と言っているのは、「今現在実際には休暇がないけど、あれば日本に行くのに。」ということです。
そこに”have + 過去分詞”をつけることで「(過去のある時点で)休暇がなかったけど、もしあったなら日本に行けただろう。」という現実には怒らなかった過去のことを推測して話しているのです。

これについては、仮定法がわかっていないと理解するのが難しいかもしれないので、まずは仮定法をマスターしましょう。

Could haveをもっと深く見てみよう

ではここからは、”could have”についてどのような使い方をすればいいのか、会話例文を使ってみていきましょう。

シチュエーション1:

A: Why did the teacher call you to his office?
B: Because I didn’t bring my homework. I left it at home.
A: You should have told me! You could have copied mine!
B: Well, I noticed that I hadn’t brought it when the teacher came into the classroom.
A: Oh…that’s too bad.

(和訳)
A: なんで先生のオフィスに呼ばれたの?
B: 宿題を持ってこなかったからだよ。家に忘れてきたんだ。
A: 言ってくれればよかったのに!(言ってくれていれば)僕のをコピーできただろ!
B: 先生が教室に来た時に、宿題持って来てない事に気づいたんだよね。
A: ああ・・・それは残念だったね。

ここでは、”You could have copied mine!”のところで、”could have”が使われていますが、この文章は「宿題を忘れたことを言ってくれていれば」という仮定の部分を省いた表現となっています。

その前が、”You should have told me!”と、「言ってくれるべきだった=言ってくれればよかった」という文章なので、ここから「宿題を忘れたことを言ってくれていれば」という仮定が読み取れます。

“could have”の表現は、このような過去に実際には起こらなかったことについて話す仮定法で、よく使われます。

シチュエーション2:

C: What are you looking for?
D: My car key. I’ve been looking for it for 20 minutes now but I can’t find it.
C: Did you check the bathroom?
D: Bathroom? Why?
C: Because the last time you lost your key, it was in the bathroom.
D: You’re right.
C: You could have forgotten about the key while checking yourself in the mirror.

(和訳)
C: 何を探してるの?
D: 車の鍵だよ。20分ほどずっと探してるけど見つからないんだ。
C: バスルームは見た?
D: バスルーム?なんで?
C: だって前回鍵をなくしたとき、バスルームにあったでしょ。
D: 確かに。
C: 鏡で自分をチェックしてた時に、鍵のこと忘れちゃったんでしょ。

こちらは”You could have forgotten about the key”の部分が”could have”を使った文章です。過去についての推測・推量として使う表現ですが、”may have”や”might have”といった表現とも似ています。

このまま”may have”や”might have”に言い換えることもできるのですが、”could have”の方がどちらかというと確信がより強い感じがするのがポイントです。
とは言え、言っていることの意味はさほど変わりません。

I wish I could have …もよく使われる

さて、”could”を使った仮定法というと、”I wish I could…”という文章を見たことがある人もいるでしょう。
例えばこのような感じですね。

・I wish I could be there with you.
(あなたと一緒にいられたらいいのに)

そしてもちろん、これも過去のことを表すときには”could have”を用いて表現することができます。

・I wish I could have been there with you.
(あなたと一緒にいられたらよかったのに。)

“could”のみの場合は、「今現在一緒にはいられないけど、一緒にいられたらいいのに。」という気持ちを表します。

”could have”になると、過去のあるポイントで、何かが起こっていて「その時、あなたと一緒にいられたらよかったのに。」と言っているわけです。

こちらの表現も、よく使われる表現ですから一緒に覚えておきましょう。

文章の作り方はここまでご紹介したものと一緒で、I wishのあとに”could have + 過去分詞”をつけるだけです。

まとめ

今回は”could have”の意味と使い方について、”could”との違いを絡めながらご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

特に仮定法としてよく使われるこの表現ですが、推量としての用法でも使われることが少なくありません。
会話の中で意味を取り違えないように、しっかり例文などを見て、シチュエーションを理解しながらマスターしていきたいですね。

また”could have”を学べる教材がNativecampにはありますから、そちらを使ってレッスンを受けて、さらに理解を深めることもおすすめします。
教材は文法教材「文法・中級」の「後悔を表現」という教材になります。またこの教材の前後には、助動詞+have+過去分詞について学ぶレッスンもいくつかあるので、そちらも参考にしてみてくださいね。

Copyright © 2019 オンライン英会話 ネイティブキャンプ All Rights Reserved.