セブ島のアイランドホッピング、実際にスタッフが体験してきました!

こんにちは!ネイティブキャンプインターン生のSATOMIです。
今回はセブと言ったら常夏!海!アイランドホッピング!
ということでセブ滞在していたら欠かせない、アイランドホッピングについてブログを書いていきます!

 

【アイランドホッピングとは】
意味:島と島をつなぐ短い旅を繰り返しながら大洋を渡ることを指す。
大洋を直接渡ることは異なる。
By Wikipedia

 

船に乗っていろんな島(2つ以上?)を巡ることがアイランドホッピングだそうです!
だから7000以上もの島々があるフィリピンではアイランドホッピングが有名なのですね!

レッスン中や他の日本人スタッフにセブでお勧めの島を聞きますが覚えきれないぐらいのいろんな島の名前を聞きます。
まだ私は2つの島(スミロン島、マラパスクア島)しか行けていないので、是非有名な島は制覇したいです!
私が行った2つの島とも素敵な島だったので次に行く島がとても楽しみです。

是非皆さんもセブを訪れた際はアイランドホッピングをしてお気に入りの島を見つけてみてください!

 

【ネイティブキャンプメンバーでアイランドホッピング!】
今回、ネイティブキャンプインターンの特典としてアイランドホッピングに連れて行っていただきました。
普段インターン生はシフト制で働いています。なかなか皆とお出かけする機会がなかった上に大好きな海に行けるということもあり、とても楽しみにしていました!

今回はさらにフィリピン人スタッフも招集してフィリピン人スタッフと日本人スタッフ総勢30人のメンバーでした。

楽しかった思い出とセブ・アイランドホッピングの魅力をお伝えできるようブログを書いていきます。

 

【アイランドホッピング当日!】
アイランドホッピング当日、朝は5時45分に集合!
荷物を積んでいざ出発!
車でマクタン空港近くのポートピアに到着して、乗船!

 

f:id:nativecamp_official:20180504122421j:plain

ポートピア

乗船後はまずは英語で1人1人簡単に自己紹介をしました。
自己紹介後はフリータイム!事前に幹事の方々が30人分のお菓子や飲み物などたくさん用意してくれたので、ジュースやお菓子を食べながら写真を撮ったり、おしゃべりをしていました。

自己紹介後、私はお菓子やジュースを飲んでフィリピン人スタッフとおしゃべり!
英語でなかなか自分の言いたいことが伝えられず、いつも悔しい思いをしていますが、私の話を聞いてくれるフィリピン人スタッフともっと仲良くなりたい、おしゃべりしたいという気持ちが私の英語学習のモチベーションに繋がっています!
そしてまだまだ片言の英語ですが頑張って聞き取ろうとしてくれるフィリピン人の優しさにいつも感謝しています・・・!
Salamat kaayo! “サラマットカーヨ” ※セブアノ語でありがとうという意味です。

そして船で20分ぐらい行ったところで最初のダイビングスポットに到着。
船の上からでも魚が泳いでいるのが見えるぐらい海が透明できれいでした!
そこではシュノーケルをする人もいれば、写真をひたすら撮る人もいて皆思い思いに過ごしていました。

f:id:nativecamp_official:20180504122422j:plain

その後はさらに船で移動しました。移動中ずっと海がきれいな上に天気もよく、風も気持ちよく幸せな気分でした。
そしてさすが7000もの島がある国!移動中に何回も小さな島を通り過ぎました。
中には小さな島の上に家があり生活している様子でしたが、電気は通っているのか、食料はどうしているのか、疑問に感じました。

そんなことを考えながら30分ほど移動して今回のメインプレイス!パンダノン島に到着しました!
早く島に行きたーい!と思ってもスムーズにいかないのがフィリピン!

浜辺近くに船がたくさんありすぎて、私たちの船が浜辺の近くに停泊することが出来ないと言われどうするのかと思いきや、まさかの胸の高さまで海につかって歩いて浜辺まで行かないといけないというハプニング。
皆胸の高さまで海につかりながら浜辺まで移動しました。背が低い子たちはフィリピン人スタッフにおんぶされながら浜辺まで移動しました。
日本では考えられないようなハプニングも今では良い思い出です!

到着後は早速ランチの準備!お昼ご飯のメニューはBBQです!
女性スタッフは下準備して、男性スタッフはお肉等を焼いてくれました。

f:id:nativecamp_official:20180504122424j:plain

f:id:nativecamp_official:20180504122425j:plain

BBQ

そして写真のようなこんな素敵な南国らしいテント?の下でみんなでランチが出来るなんてワクワクですね!

f:id:nativecamp_official:20180504122427j:plain

南国らしいテント

ランチの準備が完了していただきます!
皆黙々とお肉、ウィンナー、焼き野菜をひたすら食べていました。
外で綺麗な海を見ながら皆で食べるご飯は別格です!
中には手作りのフルーツサラダを持ってきてくれたり、焼き肉に合う味噌を持ってきてくれるスタッフがいたりなど豪華なランチでした!

f:id:nativecamp_official:20180504122428j:plain

ランチ

食事後は皆それぞれ好きな時間を楽しんでいました。テントの下で休む人、現地の子供たちと遊ぶ人、音楽を聴きながら休む人、海で写真を撮る人、ビーチバレーをする人・・・

私は男性陣スタッフに交じってビーチバレーを楽しみました。
途中から島に遊びに来ていたフィリピン人家族が入ってきて日本人VSフィリピン人対決でしたが、勝ち負け関係なく良いプレイしたらお互い褒めたり、笑い合ったり楽しい時間を過ごしました。

f:id:nativecamp_official:20180504122430j:plain

ビーチバレー

・・・そんなに動いてないのに息がすごく上がってしまいました。
きっと歳・・・暑かったからだと思います!

ビーチバレー後はこんな綺麗な海でまったりと過ごしてリフレッシュしました。

 

f:id:nativecamp_official:20180504122431j:plain

f:id:nativecamp_official:20180504122433j:plain

綺麗な海

その後は日本で夏に行うことで有名なアレを皆で楽しみました!
夏に行うアレとは…
じゃん!「スイカ割」です!

f:id:nativecamp_official:20180504122434j:plain

スイカ割

日本人スタッフがスイカ割の説明を行ったところ、フィリピン人スタッフの反応はイマイチでしたが、いざスタートすると皆声を出してスイカの方向を指示するのに必死でした。

1回しか木の棒を振ってはダメというルールもあったせいか、なかなかスイカを割ることができず大苦戦!

途中、日本人男性スタッフはスイカではなく壁のほうに連れていかれたり、海のほうに連れていかれたり・・・

f:id:nativecamp_official:20180504122436j:plain

f:id:nativecamp_official:20180504123003j:plain

スイカ割りをする男性

フィリピン人も日本人もいたずらが好きですね!

その時の皆の笑顔・・・プライスレスです!

そして10人目ぐらいでやっとスイカを割ることが出来ました!
その後はきれいにスイカをカットして皆でいただきます!

スイカの食べ方にも国によって違いがあることに驚きました。
私は日本でスイカを食べるときは塩をかけて食べていましたが、どうやらフィリピンでは砂糖をかけて食べるそうです。
フィリッピン人にとって甘い食べ物にしょっぱいものをかけて食べることは有り得ないそうです。

お腹いっぱいになったところで皆で仲良く片付けてパンダノン島とお別れ。

また船に乗って最後のダイビングスポットを目指します!
暑いビーチの下で海に入っていたせいもあってか、船の中ではほとんどのスタッフがお昼寝タイムでした。

数分後、本日最後のダイビングスポットに到着!最後のダイビングスポットも綺麗な海!

 

f:id:nativecamp_official:20180504122439j:plain

そんな感じで朝の5時45分から夕方までずっと楽しい時間を過ごすことができました。
最後に素敵な夕日も見ることが出来て、大大満足なアイランドホッピングになりました!

 

f:id:nativecamp_official:20180504122441j:plain

夕日

ほとんど今回のアイランドホッピングのレポート文のようになってしまいましたが、このブログを読んで少しでもセブ、アイランドホッピングに興味を持っていただけると嬉しいです!

セブに来る前に英語が不安だと思っている方は是非ネイティブキャンプのトラベルイングリッシュ教材をお試しください!

NativeCamp. BLOG(ネイティブキャンプブログ)© ネイティブキャンプ All Rights Reserved.